サッカーユニフォームの選び方と基本情報

ユニフォームを選ぶ際にどんな所に注意すればよいのかを解説します

*

サッカーユニフォームの選び方

サッカーユニフォームの選び方の基本情報をご紹介

サッカーユニフォームは沢山ありますので選ぶ際にも迷いがちですが、選び方に失敗しない為の基本情報がありますので解説をしてみましょう。

サッカーは激しく動くスポーツでもありますので、身体にフィットするサイズの方が良さそうな気がするものですが、ただピタッとするサイズですと身体を圧迫してしまう事にもなります。圧迫するのはパフォーマンスを落としてしまう事にもなりますので、サイズに迷った時には大きめサイズを選ぶようにした方が失敗が少ないかと思われます。ここでサイズ選び方に関しての豆知識がありますが、サイズは身長で選ぶのではなく、胸囲で選ぶようにした方が良いと言えます。特にがっしりとした体で胸囲がある方の場合は、胸囲のサイズで合わせないと着心地を悪く感じる事もありますので注意が必要です。
サッカーユニフォームを用意する際にはオーダーというケースもあると思われますが、その際のポイントもあります。
まずオリジナリティーの高いデザインである事です。現在ではサッカーはもちろん、フットサルも人気がありますし、それに伴いサッカーユニフォームを持っているチームが沢山あります。それゆえに別のチームにも関わらず似たようなデザインになってしまう事にもなり兼ねません。味方チームと相手チームの見分けが付き難いのはプレイ内容にも支障になってしまいますので、独自性のあるデザインにした方が安心です。
デザインはチームで考えて作るのも良いのですが業者に依頼する事もあるかと思われます。そしてデザインはオリジナリティのあるサッカーユニフォームである事が大切という事もあり、オーダーする際の業者の選び方として独自性のあるデザインを考えてくれる業者である事もポイントです。中には既存のサンプルデザインから選ぶ事しかできない業者もありますが、そのような業者ですと被ってしまう可能性が高くなりますので、注意してみた方が良いかもしれません。
そしてサッカーユニフォームを作る際には品質の高い生地を扱っている業者である事もポイントです。せっかく作ってもらってもすぐに生地が薄くなったり、穴が空いてしまうようではコストパフォーマンスも良くありません。
生地にも色々ありますので選び方に迷う事もあると思われますが、業者によっては事前にサンプルを提供してくれる事もあります。手で触ったり引っ張ったりして耐久性などを確認できますので、サンプルをチェックしながら生地選びをする事が失敗しない為のポイントです。uni1

サッカーユニフォームのお手入れの基本情報を確認

ただでさえ傷み易いサッカーユニフォーム。さらにお手入れの方法を誤ってしまうと寿命を短くしてしまう事にもなり兼ねません。長く利用し続ける為のお手入れの基本情報がありますので確認しておく事をおすすめします。
はじめにサッカーユニフォームを洗う際の洗剤についてですが、中性洗剤を利用する事が望ましいと言えます。これは色褪せを防止する為ですが、通常の洗剤の場合ですと漂白成分が入っていますので、それによって色褪せが発生してしまう事があるのです。何度も繰り返し洗ってしまう事でくすんだ色合いになってしまう恐れがありますので、使用する洗剤から気を配ってみた方が安心です。
続いてサッカーユニフォームを傷めない為にも裏返しにして洗うのもポイントです。表面が出ている状態で洗ってしまうと洗濯槽に擦れてデザインを傷めてしまう可能性があります。その為、洗う際にはそのまま洗濯機に入れてしまわず、ひっくり返してから洗うようにした方が安心です。もしそれでも心配なようなら洗濯ネットに入れるのもおすすめです。生地が直接洗濯槽に触れてしまう事を防止する事ができますので、より一層安心して洗う事ができます。
あまり時間を掛ける事なく洗う事も大切です。時間を掛けてしまうとそれだけ生地がダメージを受けてしまいます。その為、時短モードなどで洗うようにした方が生地には優しいと言えます。ただ、洗う時間が短い場合ですと、汚れがきちんと落ちるのか不安なものです。その為、汚れが酷い時には付け置きをしておく事をおすすめします。しばらく付けておいてから洗うようにすれば短時間でもしっかりと汚れが落ちるようになりますので、洗濯効果をアップさせる事ができるのです。また、臭いも落ち易くなりますので、汗などの臭いが気になる時にも行ってみると良いでしょう。ただし、あまり長時間放置してしまうと生地に良くない事もありますので、長くても30分程度に留めた方が良いかもしれません。
サッカーユニフォームの洗い方として、なるべく単独で洗うように意識した方が安心です。他の衣服と一緒ですとお互いにぶつかって糸が解れてしまったり、破れの原因になる恐れがあります。また、絡み合う事によって伸びてしまう事もありますので、なるべく他の洗い物とは別にしておいた方が安心と言えます。
このようにお手入れ方法に気を配る事がサッカーユニフォームの寿命を延ばす為にも大切ですが、お手入れ以外の豆知識もあります。それは干す際に裏返しにして陰干しをする事です。紫外線に当ててしまうと生地の劣化が進みますので注意した方が安心です。

サッカーユニフォームをオーダーするなら基本情報や豆知識を知っておこう

サッカーをするときに着用するサッカーユニフォームは、サッカー用品店で購入することができるレプリカモデルなどがありますが、それ以外に自分でオーダーして作ることができるサッカーユニフォームオーダーもあります。
オーダーは自分で好きなデザインのユニフォームを作ることができるので、クラブチームなどでオリジナルユニフォームが欲しいといきに利用すると大変便利です。このオリジナルユニフォームを作るときに基本情報を知っておくと非常に便利であり、予算の見積もりをしやすいので覚えておくといいでしょう。
オリジナルユニフォームの基本情報は2種類のオーダースタイルがあるということであり、これはすべてオリジナルで作ることができるフルオーダーと、予め決められパターンの中から作ることができるセミオーダーというものがあるのです。セミタイプのものは、非常に安価な価格でサッカーユニフォームを制作することができるというサービスであり、複数の種類からあるボディから選択することができるので、デザインパターンはすでに決まっています。
オリジナルチームを作るうえでそのチームの名前を入れることもできるし、各選手の背番号を記入することもできるのです。また、ロゴをプリントすることもできるので、まるでプロのチームのようにサッカーユニフォームを作ることができます。
また、ロゴの配置に関しても自分で決めることができるという特徴があるので、工夫次第でかっこいいユニフォームを作ることができるのです。この他にフルオーダーというものでは、すべてのデザインを自分で制作することができるというもので、持参したグラフィックデータを使って総柄のサッカーユニフォームを作ったり、オリジナルエンブレムを作り入れることもでき、イラスト等も入れ放題となっています。
プロチームなどで使用されている昇華プリントを使うことでき、ボディにプリントしてからその上に縫い上げるという作業で非常に複雑なデザインをすることができるのです。価格は高くなりますが、より個性的なユニフォームを作るときに利用することができます。
オリジナルユニフォームを作るときの豆知識としては、どれくらいの枚数のユニフォームを製造するかにより価格が異なるということがあり、たくさんの枚数を作ることにより1枚の単価をかなり下げることができるので、非常にお得に大量のサッカーユニフォームを作ることができるのです。

オリジナルのサッカーユニフォームの基本情報と注文に役立つ豆知識

オリジナルのサッカーユニフォームを作るには、メーカーにオーダーをすると良い物ができます。サッカーユニフォームを作る為の基本情報と、注文に役立つ豆知識とを把握しておけば、より良いユニフォームが作れるはずです。

オリジナルのサッカーユニフォームをオーダーする時は、まず、オーダーの種類を選ぶ必要があります。「素材から見た目まで全て自分が指定した通りに作ってもらいたい」と思っているなら、フルオーダーを選択するべきです。隅々まで自分好みの、理想のサッカーユニフォームを作る事ができるでしょう。

「この製品のこの部分が、こうだったら良い」と思っていたり、「この製品とこの製品の良い所を取ったものがあればいい」と考えているのであれば、セミオーダーの選択が適しています。フルオーダーほどの自由度はありませんが、予め用意されたデザインのパターンや、色のバリエーションを選択できますので、自分の好みに近いオリジナルのサッカーユニフォームを作れるでしょう。

こうした基本情報を元に、自分が作りたいオリジナルのサッカーユニフォームから、どういったオーダー方法が適しているか検証してみます。オーダー方法が決まったら、早速注文をしてみましょう。実際にオリジナルのサッカーユニフォームをオーダーする時の豆知識として、利用条件と料金設定について把握しておくと良いものです。

オリジナルのサッカーユニフォームを作る際は、初回の注文では複数枚をまとめて購入するのがオーダー条件となっている場合が多くあります。最低枚数はメーカーにより様々ですが、少なければ1着、あるいは数着から対応している場合があるものです。数着のオーダー程度なら自分1人で着用する分には問題ありませんし、少人数チームで購入するにしても、最初はチーム人数分だけ購入して、後々メンバーが加わる度に1着ずつ注文する事もできます。

料金設定の問題は、できるだけ詳しく調べておきましょう。メーカー毎に料金が発生するタイミングや、その価格が異なりますので、これを把握しておけばスムーズな注文ができます。オンラインオーダーであれば、オーダー内容をリアルタイムで計算してくれるシステムを公開しているメーカーもありますので、注文の際に参考にすると良いでしょう。注文後にデザインを変更できるなら、それに料金はかかるのか。あるいは、キャンセルした場合に料金を支払う必要はあるのか等、場合によってはメーカーに直接問い合わせておく必要もあります。uni2

チームでサッカーユニフォームを作る時に気に掛けたい、コーディネートの基本情報

気の合った仲間達でチームを作り、サッカーを楽しむ事は楽しいものです。
時には励まし合い、時には助け合ったり簡単なプレーを失敗した事を笑い話にしたりと、一つのボールを追い掛けてゴールを目指す以外にも、技術の上達や勝利だけを追及する純粋な団体とも異なる楽しさがそこには有る事でしょう。
しかし、ただ仲間内でサッカーを楽しんでいれば、いつの日か他のチームと試合をしてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。
ただ、楽しむだけではなく、自分たちの仲間達で協力し合い勝利を目指す事に新たな楽しさを見出す事も珍しい事ではないのです。
ですが、他のチームと戦う場合、自分たちだけで楽しんでいた時に比べて新たな用具が必要となってきます。
それは、サッカーユニフォームです。
仲間内だけで楽しんでいるならば、敵味方の区別がつけば良かっただけのウェアが対戦相手が出来る事によりチームの一員であることを認識する事の可能なサッカーユニフォームを着る必要が生まれてくるのです。
もっとも、自分たちのチームの象徴とも言うべきサッカーユニフォームのコーディネートを考える事は、それはそれで楽しいものである事に間違いはないのですが。
では、そんなサッカーユニフォームのコーディネートをする際、豆知識と言ってもいい基本情報がある事は知っているでしょうか。
不定期に、知人を介して行われる遊びのような試合であれば必要となる事もないでしょうが、大会や地方リーグなどにエントリーした場合、必ず正副2通りのサッカーユニフォームが用意されている事が求められます。
もちろん、配色や色の濃淡と言った、明らかに異なるコーディネートでのサッカーユニフォームが無ければ、対戦相手とユニフォームの色が同じもの、或いは違っていたとしても容易に見分けがつかないようなコーディネートであった場合、審判のジャッジがし難くなるばかりか、実際にプレーしているプレイヤーにとっても、敵と味方の区別がつきにくくなって、失点に繋がるような重大なミスを犯してしまうこともあるのです。
また、意外に盲点となりやすいのが、ゴールキーパーのユニフォームです。
これは、試合中、自チームのユニフォームとも相手チームとのユニフォームとも異なる配色、コーディネートで有る事が必須となります。
試合中、チームの中で唯一手の使えるプレイヤーが他のプレイヤーと見分けがつかなければ、それもまた、混乱を生み出す結果となってしまうのです。

サッカーユニフォームを洗濯する際の基本情報・豆知識とは

夏に入るとクラブ活動が盛んになり、毎日の洗濯物が増えるのは、お母さんの悩みの一つでしょう。
でも、子供のためにもいつも綺麗で清潔なサッカーユニフォームを着させたあげたいと思うのは親であれば当たり前のこと。

しかし、普通の体操着とは違いサッカーユニフォームは洗濯するにも何かと気を使いがちです。
特に、子供を持って初めてサッカーユニフォームを洗濯する人には一体どうやって洗ったらいいのかわからないものです。

そんなお母さんの悩みを解消してもらうためにも、サッカーユニフォームの選択する際の豆知識をお教えしましょう。
一度基本情報を覚えてしまえば、選択のたびに悩むこともありません。

練習から帰ってきてお子さんが持ってきた汚れまみれのユニフォーム。
どこから手を付けようか悩んでいしまいがちですが、まずはとにかくすぐ洗うことをおすすめします。
洗わないでそのままほうっておくと、汗染みや匂いが発生しやすくなり、洗ったあとにも匂いが残ってしまう原因にもなります。

まずは、ぬるま湯で軽く洗います。
落ちにくい頑固な汚れには、除菌・消臭効果も期待できるので、程漂白剤を入れたぬるま湯に20分つけることをおすすめします。

頑固な泥汚れには、洗剤よりも粒子が細かくて落ちやすいウタマロ石けんを使用してゴシゴシ洗ってください。

ただ、サッカーユニフォームの洗濯表示に「柔軟剤・漂白剤不可」と表示されている場合は、それに従ってください。
特にユニフォームは色物なので、漂白剤を使用すると自然な色合いが損なわれる恐れがあります。

水温を上げると白くなる効果が上がるので、少し暖かいぬるま湯で液体より粉末洗剤を使用して洗いましょう。
衣類のゴワゴワになる原因はシワなので、しっかりとシワを伸ばしておくことも大切です。

また、プリントや背番号がついているユニフォームは、一緒に洗濯機で洗うと外れてしまう可能性もあるので、ほかとは別にして手洗いするようにしましょう。

洗濯機に入れて洗うときは、衣類のダメージを避けるために必ずネットに入れるようにしてください。
サッカーユニフォームはポリエステル素材できていることが多ので、なるべく乾燥機にかけるのは避けたほうが無難ですが、シワができないように軽くかけるくらいなら大丈夫でしょう。

そして、外に干す時は裏返しにして陰干しして下さい。
衣類も人間と同じく日焼けするので、本来の素材の色合いが損なわれる場合があります。

そして、これはウェアを持ち帰る際にお子さんにお願いして欲しいことですが、着替えて帰ってくるのであれば汚れた衣類はそのままスポーツバッグに詰め込むのではなく、別のビニール袋に入れて持ち帰るように行ってください。
汗をかいたウェアをそのまま持ち帰ると、菌が繁殖しやすく匂いが発生する原因となります。

これだけ抑えておけば、汗をたくさんかいたサッカーユニフォームの汚れに恐れ多のくことはありませんね。

公開日: